産後にすそわきがが悪化する原因とすぐにできる対処対策

産後のすそわきが対策

産後に体臭が強くなったと感じる人はとても多く、育児で忙しいためとくに対策を行わない方もいるようです。女性の体は妊娠、出産、授乳とホルモンバランスの変化を体験すると、様々な体の違いを発見すると思います。産後のすそわきがもそのひとつで、妊娠前にはなかった悩みを抱えることもあるでしょう。

そこで早速ですが、産後のすそわきがについて、原因と対策をご紹介したいと思います。育児は女性にとって新たなライフステージを迎えるとともに、ストレスも抱えてしまうことです。臭いの悩みはできるだけ簡単に改善して、育児に専念したいですね。

ホルモンの変化はすそわきがを悪化させる原因

女性は男性よりも臭いに敏感で、妊娠するといままで何でもなかったニオイに過敏に反応することがあります。これはホルモン分泌の変化によるもので、産後にわきがやすそわきがが強くなったという女性は多いようです。ではなぜ産後にすそわきがが強くなるか、気になるメカニズムについてご説明します。

ホルモンの変化で体温が上昇する

妊娠すると女性ホルモンが多く分泌され、産後は徐々に妊娠前の状態に戻ります。このような変化のなかで女性ホルモンのプロゲステロンが多い時期は体温が上昇しやすく、汗の量が増えるために細菌が多く発生してすそわきがになりやすいのです。

悪露のため

出産は子宮にダメージを与え時間をかけて回復していきます。その過程で出血や子宮内部の老廃物が体外に排出される悪露は、独特な臭いがありデリケートゾーンの菌が繁殖しやすい原因になっています。産後2週間~1か月後ほど悪露の臭いが続き洋服の上からもわかるほどのケースもあります。

乳腺が発達するため

産後は授乳のために乳腺が発達している状態。妊娠中から引き続きさらに胸が張り授乳をする女性は痛みを感じる場合もあるでしょう。乳腺はわきが原因になるアポクリン汗腺を刺激するため、産後のすそわきがを悪化させる可能性があります。いままでわきがでなかった人も出産を機にすそわきがを発症させることもありますよ。

育児ストレスでアポクリン汗腺が活発になる

産後はデリケートゾーンの臭いが強くなり、どうにかしたいけど育児で時間がない人も多いと思います。産後は体の回復をしながら、数時間おきに授乳をして、夜もぐっすり寝れず疲労が蓄積されたまま。このような生活は女性の心身にストレスを与えてしまい、自律神経が不安定になるケースもあります。

すそわきが原因のアポクリン汗腺は交感神経が優位だと活発になる傾向がありますので、ストレスを感じやすい生活はわきがやすそわきがが悪化する可能性があります。毎日忙しい生活を送っていると自分の体のことまで気が回らなくなってしまいますよね。出産前にすでにわきが体質であった人もしっかりケアをする時間が無くなり悪化、また体臭を気にしたことがない人が産後のストレスでアポクリン汗腺が発達してしまう場合もあるのです。

ストレスは育児だけに限らず普段の人間関係や仕事などあらゆるところから受けるものなので、とくに産後はすそわきが対策としてもストレス解消は大切になります。育児で忙しい方は次のリラックス方法をぜひトライしてわきが軽減にプラスしてください。

散歩する

赤ちゃんの夜泣きを予防するためにも日中のお散歩がとても大切です。ストレスがたまりやすい時期は屋外の空気を吸って気分転換しましょう。

アロマの香りで癒される

ラベンダーやカモミールなどのアロマの香りはリラックス効果があります。赤ちゃんの機嫌が悪い時もアロマ作用が期待できるかもしれませんよ。

睡眠不足はすそわきがにデメリット

産後はホルモンの変化、新しいライフスタイルなどにより睡眠不足になる傾向があります。睡眠不足は自律神経を不安定にするので汗腺の働きにも影響を与えます。

とくにアポクリン汗腺は睡眠不足で交感神経が優位になると活発になるため、普段よりも汗の量が増えてしまう場合も。寝不足の翌日はなんとなく体臭がきつくなったような経験をされたことはありませんか。睡眠は体のバランスを整えるとても大切なことです。とくに産後は体の回復を早めるためにもできるだけ睡眠時間をとることが大切。そこで忙しいママさんのためにオススメの睡眠不足の解消方法をみていきましょう。

授乳タイミングをずらす

夜中に何度も起きるのは体にとても負担がかかりますが、月齢が徐々に高くなるごとに赤ちゃんの1回の睡眠時間は長くなり徐々に楽になってきます。
睡眠不足を解消するなら夜の時間に合わせて授乳サイクルを合わせることもよいでしょう。寝る前はたっぷり授乳して夜泣きをさせない工夫をすると多少は楽になると思います。

チャンスがあればすぐに昼寝

育児、家事と日中はやることが色々あり昼寝する時間はないかもしれません。ゆっくり寝ることはできなくても赤ちゃんが昼寝した瞬間に一緒に寝るなど、たった30分間でも体の辛さは軽減します。10分でもいいのでチャンスがあればすぐに横になれるような環境を整えておきましょう。

産後のすそわきがはもう治らないの?

すそわきがはアポクリン汗腺から放出される汗と皮膚の菌が原因です。わきがとからくりは同じですが、すそわきがはわきと違いさらに菌が繁殖しやすい環境があります。つねに下着で肌を覆っているので通気性が悪く体温が高いところ。尿やおりものなどの菌が好む餌がありますのでわき以上に臭いが強くなるケースもあります。さらに産後は汗の量やホルモンの変化ですそわきがは強くなる環境が整っているため、正しい対処をしたほうが安心ですね。

産後は半年~1年ほどかけて体が妊娠前の状態に戻っていきますので、それとともにすそわきがは軽減する可能性があります。しかし産後にきちんと対処しておかないとアポクリン汗腺が敏感になったまま、すそわきがは悪化した状態が長く続く可能性がありますよ。産後独特の原因を理解して、できることから改善をすることがすそわきが対策の重要ポイント。睡眠、運動、ストレス解消など意識しながら育児をしましょう。

水分摂取と野菜中心の食生活が大切

アポクリン汗腺はわきやデリケートゾーン、足など体の特定の部位に集中しています。たとえばわきだけにアポクリン汗腺が多く集まることは少なく、わきが体質は必然的にすそわきがにもなりやすいことをまずは理解しておきましょう。

産後はとくにわきがよりもすそわきがのほうが気になるかもしれません。アポクリン汗腺に含まれるアンモニアや脂質、糖質、塩分などを減らせば汗の質が変わり臭いを軽減させることが可能です。そのために始めたいのが水分補給、育児の忙しいライフスタイルはつい自分のことは後回しになりがちで、水分補給まで考える人は少ないかもしれません。とくに授乳をしている人は水分不足で母乳のでが悪くなることもありますので、しっかり水を飲む習慣をつけておきましょう。

母乳は血液の一部、水分補給で血の巡りを活発にするとリンパの流れも改善され老廃物が体外に排出されやすくなります。するとデリケートゾーンの汗成分も安定し菌の繁殖が抑制できるのです。

また食生活で注意したいことが野菜中心の健康スタイル。肉類、脂っぽい食べ物はアポクリン汗腺を刺激しますので、デトックス効果の高い野菜を豊富に食べましょう。ビタミンやミネラルは母乳の栄養バランスを整えるためにも欠かせないものです。同時に体内からすっきりするためにも毎日プラスしたいですね。

ワキガクリームで体臭予防しよう

産後のすそわきがはホルモンや体のバランスが元に戻るにつれて軽減する可能性はありますが、それまでの間はとてもストレスに感じる悩みです。育児で忙しい女性は頻繁に制汗剤を使ったり肌をきれいにするのは手間がかかりますよね。そんな方にオススメの方法がわきがクリームです。

ワキガクリームは1本ですそわきがも一緒にケアできますし、肌に優しく産後の敏感なデリケートゾーンにも適しています。しっかり消臭殺菌ができる制汗剤で、効果が持続することが魅力といえるでしょう。では産後のすそわきが対策でワキガクリームを上手に使いこなす次のコツをみていきたいと思います。

ワキガクリームのおすすめ人気ランキング|リピート率が高い商品を厳選

入浴後につける

デリケートゾーンはあらゆる汚れがつきやすいところなので、クリームの有効成分の力を発揮させるためには肌が綺麗な状態でつけることがコツです。入浴後にしっかり肌を拭き、クリームを皮膚表面に広げて塗布してください。この際に膣内にクリームが入ってしまうと善玉菌のバランスが変わってしまうのでご注意くださいね。

朝起きた時につける

朝もう一度ワキガクリームを塗布してください。クリームは長く使い続けるほど効果を実感しやすくなりますので、使い始めは1日2回、夜と朝の使用をオススメします。またお散歩など外出の際に気になるときは、肌をきれいにティッシュで拭いてから使うと安心です。

コメントは受け付けていません。